食品を安全に食べよう!消費期限と賞味期限の違い教えます!食品を安全に食べよう!消費期限と賞味期限の違い教えます!

 食品に記載されている期限の表示には、消費期限賞味期限の2つがあります。
 その違いを正しく理解することで、食品を安全に食べられる期限を知りましょう。

「消費期限」「賞味期限」って?

消費期限 賞味期限
定義 安全に食べられる期限
※消費期限が切れた食品は食べないようにしてください。
品質が変わらずおいしく食べることができる期限
※賞味期限を過ぎても、すぐに食べることができなくなるということではありません。
どんな
食品に
どんな食品に 品質が急速に劣化する食品に用いる 比較的品質が劣化しにくい食品に限る
弁当、サンドイッチ、生菓子 等 スナック菓子、カップめん、缶詰 等

消費期限と賞味期限はどうやって
決めているの?

消費期限と賞味期限はどうやって決めているの?

 製造者等が科学的、合理的な根拠に基づいて設定しています。
 食品の特性に応じて、安全性を考えに入れた消費期限と賞味期限の設定を行っています。

ふたや包装を開けてしまったら?

 消費期限と賞味期限は、ふたや包装を開けずに食品に記載されている保存方法を守った場合、安全においしく食べることのできる期限です。
一度開封した食品は、表示されている期限に関係なく早めに食べるようにしましょう。

暮らし王子からのこれも知っとこ

「消費期限」「賞味期限」が書かれていない食品もあるんだよ。

  • 品質の劣化が極めて少ない食品は期限の表示を省略することができます。塩、砂糖、うまみ調味料、でん粉、アイスクリーム等は期限の表示が省略されていることがあります。
  • この記事に関するお問い合わせは、
  • 福岡市保健福祉局 生活衛生部 食品安全推進課
  • TEL:092-711-4277 FAX:092-733-5588
  • shokuhinanzen.PHWB@city.fukuoka.lg.jp