• ナッセナビのトップへ戻る
  • interview

山崎まさよし 1971年生まれ、滋賀出身の男性シンガーソングライター。1992年から横浜を中心に弾き語りによるライブ活動をスタートさせる。1995年9月にシングル「月明かりに照らされて」でデビュー。1997年1月にリリースしたシングル「One more time,One more chance」のヒットで一躍注目を集める。また杏子やスガシカオなどとのスペシャルユニット・福耳での活躍に加え、役者としても映画「月とキャベツ」や TVドラマ「奇跡の人」に出演し、高い評価を獲得。2010年2月にはドラマ「BUNGO 日本文学シネマ『グッド・バイ』」で主演を担当。オリジナルアルバム、ライブアルバム、カバーアルバム等を発表するとともに精力的に全国ツアーを行ってきたほか、ミュージシャンとしてのセッション参加なども数多く、映画音楽等も手がけている。

遠距離恋愛って、成就が難しいかもしれないけど、そこにキレイな星空や、キレイな月が輝いていれば、うまくいきそうな気がします。

2012年も精力的な活動を行ってきた山崎まさよしさんが「遠距離恋愛」をテーマにした大人のバラードをリリース。
シンガーソングライターとしての年齢と経験を感じさせる山崎さんの、歌に対する思いや今後の活動についてお聞きしました。

ニューシングル「星空ギター」はとてもあたたかみのある冬にピッタリの作品ですね。このタイトルにはどういうメッセージが込められていますか?

冬は星がキレイに見える季節。
そういう星空を見ながらギターを弾いているシチュエーションが切なく、切ないけど素敵だなぁと思い、このようなタイトルにしました。

「星空ギター」は遠距離恋愛を歌った歌ですが、山崎さんご自身には遠距離恋愛の経験がありますか?

遠距離恋愛の経験はあります。
遠距離恋愛って、成就が難しいかもしれないけど、そこにキレイな星空や、キレイな月が輝いていれば、うまくいきそうな気がします。

曲の制作や演奏などでこだわったところ、またレコーディングで一番気を使ったところはどんなことですか?

初めてタイトルに“ギター”という言葉を使いました。タイトルにギターという言葉があるように、4本のエレキギターを使用しています。使いどころにはこだわりました。
また、徳島に住んでいるギタリストの西慎嗣さんと、データのやり取りでレコーディングをした事もポイントです。

今回のシングルについてのご自身の想い、手応えはいかがですか?

想像した以上の雰囲気を持った曲に仕上がったと思います(笑)

初回特典ではオーガスタキャンプの山崎さんの部分が完全収録されていますね。オーガスタキャンプでの思い出に残ったエピソードがあれば教えてください。

横浜公演が終了し、メンバー・スタッフ合同で打ち上げをした際、乾杯のあいさつを急遽指名されました。
そこでのスピーチが非常に素晴らしかったと周りから言われるのですが・・・全く覚えてません(笑)。誰か教えて!

12月からは全国ツアーがスタートですね。今回は何か新しい試みがあるのでしょうか?ツアーの意気込みもお願い致します。

昨年からやっているのですが、その日のLIVEをすぐにCDにする企画をやってます。今回もその企画を全会場で行いますので、身が引き締まります!!
ミスをしたりするのもLIVEの醍醐味なので、そのまますべて収録されるのって面白いですね。あとは、新曲をやっていこうと考えてます。意気込みとしては「頑張ります!」この一言に尽きます。

九州に対してどういう印象をお持ちですか?九州のファンに対する印象もお聞かせください。

男っぽい性格っていう印象がありますね。
男性も女性も気が強いというか、方言が好きです!九州とはいえ、各県で印象は異なりますが、本当に良いお客さんが多いです。続き

お休みの日は何をされて過ごしていますか?

昼から飲んでいる時もあります(笑)
何かしらの制作に取り組んでいるので、ギターを弾いている事がほとんどです。いざ休み!となったら何していいかよくわかりません。

山崎さんはお酒が大好きということですが、今までで一番最低最悪のお酒失敗談を教えてください。

ある夏、朝目覚めたら事務所の前だった。おそらく同じ事務所の仲間と飲んでいたはずです。

今、ハマっていることは何ですか?
また自分だけの密かな楽しみがあったらこっそり教えてください。

最近、研磨にハマっています。
ドブロギターという金属で出来ているギターがあるのですが、ここずっと使っていなかったので、サビとか汚れでひどい状態になっていたんです。急に思い立ってホームセンターに行って研磨剤や工具を買い、いざ磨きだすとみるみる汚れが取れて昔の輝きを取り戻したから楽しくて止まらなくなりました。

2012年を振り返ってみていかがでしたか?

秋がなかった。夏が長く、秋を通り越してすぐに冬が来た印象です。
というのは冗談ですが、今年は事務所のオフィスオーガスタが設立20周年のアニバーサリーでしたので、夏フェス(オーガスタキャンプ)も3か所でやりました。社長とさかいゆう(今年の福耳楽曲「LOVE&LIVE LETTER」を作った)の故郷・高知や、今年でデビュー10周年の元ちとせの故郷・奄美での開催ということで、非常にイベントの多い一年だったと思います。
個人的には各地のイベントやフェスに参加しながら、3枚のシングルをリリースという事で、充実した2012年でした。

ズバリ2013年の抱負を教えてください。

まずはTOUR(YAMAZAKIMASAYOSHI TOUR 2012-2013”SEED FOLKS”)の大成功が目標です。そしてTOUR後にアルバムが出せたら嬉しいですね。

今後の活動について、チャレンジしてみたいことや、目標などをお聞かせください。

楽曲制作ですね。
自分自身納得できる作品を作っていく、良い歌を作っていきたいです。こういう仕事をしている以上、この先も変わらないと思います。

では最後に読者の皆さんへのメッセージを!

最後まで読んでいただいてありがとうございます(笑)
九州も何か所かTOURで回りますので是非、お近くの会場までお越しください!
宜しくお願いします。

『星空ギター』■好評発売中 ■DVD付限定盤/2,100円 通常盤/1,260円 ■NAYUTAWAVE RECORDS 2012年第3弾シングル「星空ギター」。“遠距離恋愛”をテーマに、心の奥深く沁みてくるメロディと、切ない歌詞が印象的なバラードナンバー。カップリングには、NHK総合テレビ「スタジオパークからこんにちは」のテーマ曲「太陽の約束」のアコースティックバージョンを収録。さらに8月リリースの「アフロディーテ」をリミックスした「アフロディーテ-Noche Caliente Mix-」を収録。初回盤収録のDVDには、今年8/4&8/5に横浜赤レンガ倉庫で行われたオーガスタキャンプでのライブの模様をなんと完全収録! 伝説になったゲリラ豪雨シーンも含んだ必見ライブ。

ページトップ